誰もが安心できる適合リノベーション住宅累計:31,975件

会員企業の方はこちらから

R住宅履歴システム

住宅履歴照会ログイン
MENU

3つの適合リノベーション住宅(R1住宅)

R1住宅

R1住宅
1R

R1住宅 : 
区分所有マンション専有部

適合リノベーション住宅の考え方のベースとなっているR1住宅の区分所有マンションの専有部を対象としたリノベーションの基準に適合した住宅をR1住宅といいます。消費者が見えない、わからない「重要なインフラ部分」を対象とした品質基準等の適合基準を設定しました。

R1住宅の適合基準の構成

区分所有マンションの専有部において消費者が見えない、わからない「重要なインフラ部分」13項目尾を対象とし、検査基準を設定し、その基準に適合するための工事を必須としています。また、リノベーションの内容をお客様に報告する「適合報告書」の発行を必須とし、「新規/既存」の明示、リノベーションに関わった設計会社、検査会社などを開示しています。重要なインフラについては、新規・既存に関わらず2年以上の保証を義務としました。リノベーションの内容がわかる図面や仕様書を住宅履歴に保存することも必須としています。

  • 重要インフラ

    重要インフラ13項目

    給水管・排水管・給湯管・ガス配管・電気配線・分電盤・火報設備・下地組(床・壁・天井)・浴室防水の13項目に関し、検査基準を設定しています。

    R1住宅検査ガイドブック
  • 報告(開示)

    適合状況報告書

    リノベーションに関わった会社の内容や重要インフラに関する適合状況、新規・既存の明示、不具合があった際の相談窓口などを明記された適合状況報告書の発行を必須としています。

  • 保証

    2年以上の保証を義務

    重要インフラ13項目に関し、新規・既存に関わらず、2年以上の保証を付帯(アフターサービス保証書の発行)することを義務としています。

    保証 保証
  • 住宅履歴

    協議会のサーバーに保管

    以下の書類を住宅履歴に保管することを義務としています。
    (1)平面図(2)仕上げ表
    更新した場合:
    (3)配管図(4)配電図(5)設備位置図
    消費者は、IDとパスワードで協議会のホームページからいつでも住宅履歴を確認することができます。

PDFをダウンロードする