余白とともに、のびやかに

マンション  /   エリア:広島県  /   掲載日:2020-09-28   R mark

マンション  /   エリア:広島県

掲載日:2020-09-28  /   R mark

いいね!と思ったら、
ハートをクリック!109

renovation image

「風通し良く、家族のつながりを感じられるような空間にしたい」「趣味のBMXを飾り、カスタムする作業場として広い土間スペースがほしい」とのことで、計画していきました。
お子さまもまだ小さく、個室らしい個室はまだいらないとのことで、全体的に広くオープンな空間構成に。
玄関入ってすぐの空間には、元々部屋だった所の窓までまっすぐに抜ける土間を作り、壁は補強してBMXを飾っています。
LDにはロフト、その下にもスペースがコンパクトに付属し、今はどちらもお子さまにとって秘密基地のような遊び場となっているようです。
また、キッチンはオーダーで作り、勉強したりPC作業したりできるようなカウンターを造作しました。
明るく元気なお子様とともに、まだ余白のある空間の発展が楽しみなお宅が出来上がりました。

BEFORE


before image

お客様は県外からの転勤により、中古マンションを探し、学区の評判や生活環境の良い物件の購入を決めました。
もともと、1994年に広島で開催されたアジア大会の選手村として建てられたマンションということもあり、専有面積が広く、天井も高い設計になっているため、リノベーションによる設計自由度も高い物件でした。

Before

After

    • 部門
    • 1000万円以上
    • 間取り
    • 2LDK+WIC
    • 費用
    • 1358万円(税込)
    • 形態
    • 自由設計リノベ
  • 費用に含まれるもの
  • 家全体
  • 施主支給設備(費用に含まれないもの)

物件情報


    • 築年月
    • 1995年2月
    • 構造
    • リノベーション面積
    • 85.07
    • 施工期間
    • 約2ヶ月
    • 備考

掲載会員企業