誰もが安心できる適合リノベーション住宅累計:46,857件

会員企業の方はこちらから

R住宅履歴システム

住宅履歴照会ログイン
MENU

リノベーション事例

2016.09.28

街も共用部も「暮らしの場」に_リノア三鷹

  • 首都圏
  • 家全体
  • 水まわり
  • 居室・その他
  • 屋外

株式会社リビタ

三鷹駅前の商店街沿いに位置する平成3年築の賃貸マンションであった本物件。竣工全体のデザインの古めかしさもさることながら、通りから見ると1Fの店舗の赤い看板が非常に印象的な建物だった。
専有面積帯は40~60平米台がほとんどを占め、ファミリー世帯がメインの同地域の分譲マンション市場においては、コンパクトなものであった。
竣工から25年を経て、デザインだけではなく設備の劣化や避難経路の確保など、安心・安全に関わるハードのリノベーションにとどまらず、この場所における暮らしの考え方のリノベーションも求められた。

「リノア三鷹」は、築25年の店舗・事務所区画付賃貸住宅を一棟丸ごとリノベーションし、商店街沿いの立地特性を活かし「街も共用部も住まいの一部と見立て、使いこなす暮らし」のできるマンションである。

「Spread=広げる」をコンセプトに、生活の必需品は専有部の中に、常になくてもよいものは共用部へ出し、商店街をパントリーとして使うなど、住まう場を部屋の中から街全体へ広げ、使いこなす暮らし方を提案。
共用部では、以前は使われていなかった屋上をWi-Fi・電源・シンクを完備した『スカイリビング』として開放したり、2階の半屋外空間を『セカンドリビング』、1階の店舗区画に新たに誘致した地元企業のカフェなど、入居者にとって嬉しい第2、第3のリビングダイニングキッチンとして居心地のよい空間を設置。また、地下には各世帯1戸ずつ『専用トランクルーム』を用意し、更に共用のツールを保管する『シェア倉庫』も設置した。防災用具をはじめ、ハンモックなど屋外空間を楽しめるグッズ、工具セットのように、毎日使わないけどあると便利なツールを揃えた。こうした多種多様に散りばめられた「仕掛け」によって、専有部は、可能な限り自分だけの暮らしの空間を実現でき、かつ専有面積以上の暮らしの場を手にいれることができる。

これは、建物のハードだけに留まらない、「家を買う」から「暮らしの場を買う」という考え方のリノベーションでもあるのだ。

費用 物件種別 マンション
リノベーション
形態
家族構成
築年数 28年 面積 637.19㎡
施工期間 2015/5~2016/3(11ヶ月間)

備考

設計:株式会社タクトプラン建築事務所/株式会社ベイス/有限会社オフィス・エコー
施工:株式会社興建社/イトーピアホーム株式会社/株式会社住環境ジャパン

お問い合わせ先

株式会社リビタ

〒153-0062 東京都目黒区三田1-12-23

TEL:03-5656-0080

リノベーション事例一覧に戻る