5つの適合リノベーション住宅(R1住宅)

R1住宅

リノベーション住宅推進協議会が定める、区分所有マンション専有部統一基準に則ったリノベーションを施した住宅を「適合リノベーションR1住宅」といいます。

R1住宅 適合基準 : 区分所有マンション専有部

専有部の重要インフラについて、協議会の標準書式

既適合リノベーション住宅「適合報告書」を用いて、以下の情報を顧客へ提供すること。

  • 会の定める基準による品質(検査→工事)
  • 検査方法、更新/流用の判断基準の開示
  • 更新工事箇所の報告
  • 既存流用箇所の検査結果の報告
  • 保証書(アフターサービス基準書)の発行

設計図書の提出

提出必須図書

提出必須図書
: (1)平面図(2)仕上げ表
更新した場合
: (3)配管図(4)配電図(5)設備位置図

重要インフラは、非工事部分も含めて最低2年のアフターサービス保証

お客様相談窓口を設置

対象とする重要インフラ

  • 給排水配管
  • 給湯配管
  • 排水管
  • ガス配管
  • 電気配線
  • 分電盤
  • 火報設備
  • 下地組
  • 浴室防水

※詳細は別紙「検査ガイドブック」参照

すべてをクリアした物件だけがR1住宅を名乗ることができます

ページトップへ

▼ 会員専用メニュー